復縁したい!元カノ、元彼と復縁するには

復縁したい気持ち を克服する本当の方法

恋愛や失恋依存症克服をするためには、どのようなことをすれば素晴らしいのでしょうか。よく言われるのは、自分に自信を持つことが恋愛や失恋依存症克服をする方法だということです。

 

恋愛や失恋依存症は、自分に自信がないので元彼、元カノに従ってしまう、元彼、元カノの言いなりになってしまう、元彼、元カノと別れるのを恐れるという心理状態になるらしいのです。そして、恋愛や失恋依存症になった人に共通している自信の無さは、小さい頃に親からの愛情を充分に受け取っていないことが原因だとか。

 

近頃、幼児虐待という言葉をよく耳にしますが、この幼児虐待も、親から頃虐待を受けていた子供が親になったとき、自分の子どもに虐待するケースが多いと聞きます。恋愛や失恋依存症にしても、幼児虐待にしても、自分が小さい頃に育った環境によるところが大きいのでしょう。しかし、大人になった今、子供に戻って人生をやりなおすことはできませんから、できることを少しずつクリアしていって、恋愛や失恋依存症を克服して欲しいと思います。

 

恋愛や失恋依存症と同じ依存症であるアルコール依存症や薬物依存症も、長い年月をかけて克服していきます。依存症は、恋愛や失恋依存症もそうですが、依存している物を絶たなければいけないと充分に分かっているのだけれど、心のコントロールが聞かずに、依存し続けてしまいます。アルコール依存症や薬物依存症の場合は、依存症の人たちが集まって作っている話し合いの場などがあるようです。

 

恋愛や失恋依存症も、セラピストに相談してみると素晴らしいかもしれません。また、インターネット上には、セラピストが開いている恋愛や失恋依存症克服のためのサイトがありますから、そちらを参考にしてみると素晴らしいと思います。

 

恋愛や失恋依存症も含め、依存症であるという自覚がある方は、まだ素晴らしいでしょう。しかし、恋愛や失恋依存症も含め、依存症であるという自覚が無い方のほうが、問題は深刻です。自覚が無い方は、依存度がどんどん高くなって、自分と自分を取り巻く状況がとことん落ちるところまで落ちない限り、自分が恋愛や失恋依存症であることを認識できないそうです。特に薬物依存症の場合は、依存度が高くなり、周囲の人に危害を加えて、初めて、カウンセリングを受けることを考えるのだとか。

 

恋愛や失恋依存症も、自分を傷つけるばかりでなく、付き合っている元彼、元カノも傷つける場合があります。恋愛や失恋依存症克服の重大ポイントは、一人で悩まずに、誰か相談できる人を早くに見つけることなのかもしれません。

 

インターネットで掲示板などを利用すれば、あなたにぴったりな恋愛や失恋依存症克服法が見つかるかも知れません。インターネットなら匿名で相談することもできますから、もしも、自分が恋愛や失恋依存症かもしれないと思ったら、それを克服するために、ぜひ、活用してみてください。

 

 

 

経済的不安定が原因で別れたケース 復縁の可能性は?

もう30歳近いのにいつまで経っても安定した職に就かない、など経済的な理由で別れてしまうカップルもいます。恋人との将来を考えた時、いくら夢を追いかけていると言われても安定した収入がなくては一緒に生活していけない、と別れを選択せざるを得ないこともあると思います。

 

しかし、いつまでもニートでいる彼に嫌気がさして別れたものの、離れてみると彼のいいところばかりが思い出されてもう一度やり直したい、と復縁依頼をする人もいるそうです。このケースでは、彼がニートのままであることを依頼者である元カノが受け入れられれば、ヨリを戻すはそんなに難しくありません。

 

これに対し、収入が不安定で彼女にふられてしまった元カレからヨリを戻すを依頼してくるケースでは、ヨリを戻すに向けての条件がいくつか必要になってきます。例えばメジャーデビューを目指して日々の練習を大切にしているミュージシャンの卵の彼。音楽活動の合間を使ってバイトをかけもちし、毎日ハードな生活を送っている彼を、最初は応援していた彼女ですが、いつまで経っても日の目を見ないため愛想をつかしてしまいました。

 

彼は支えてくれていた彼女がいなくなり、寂しくて仕方なく、復縁を望みました。しかし彼の生活は以前と何ら変わっておらず、相変わらず収入は不安定なため復縁はまず無理と判断されます。原因が自分にあって別れることになったのなら、復縁を成功させるために自分を変える努力をしなければなりません。

 

元彼、元カノの要求はすべて呑む覚悟が必要です。上のケースで言えば、彼がミュージシャンを諦めてきちんとした仕事に就けるかどうかです。

 

元彼、元カノに真剣さが伝わり「この人は変わったんだ」と認めてもらえれば、復縁の可能性も高くなります。

 

 

 

 

 

復縁工作 別れの理由の告知

復縁を成功させるためには、別れに至った本当の原因を知る必要があります。そのため探偵会社では依頼されたケースごとに的確な工作員を選出し、対象者に接触することを繰り返し、別れた本当の理由を聞き出します。

 

別れた本当の理由というのは、実は復縁したいと依頼してきた本人が思っている理由とは異なることが多くあります。例えば「性格が合わない」と言われて別れたが本当は元彼、元カノが浮気していた、とか、価値観の違いを理由に離婚をしたが実は元彼、元カノの癖が生理的に受け入れられなかった、などです。

 

このように本当の理由を知らないまま別れたカップルがとても多く、これらはヨリを戻す工作をしなければ永遠に知らされることはなかったのです。本当の理由を言わずに別れたのには、元彼、元カノを傷つけたくないという配慮からというケースがほとんどです。本当ではない理由で別れを告げられた人は「そんな理由で別れるなんて納得できない」という思いが残り、もう一度やり直してもらえないか、とヨリを戻すを希望するのです。

 

工作員が調査によって知った別れの本当の理由は、依頼者にとってかなりショッキングなこともあるでしょう。しかしそれを告げなければ、次の恋愛や失恋をするときも同じような過ちを繰り返すかもしれません。と言うことで、探偵会社からはきちんと依頼者に本当の理由を告げられます。

 

多くの依頼者は思いもよらない重大理由に精神的ショックを受けるようです。しかし対象者がポロッともらした本音(別れの本当の理由)は、黙って受け入れるしかないのです。

 

その部分を変えて行けるのかどうかで、復縁の成功は左右されます。

 

 

 

 

 

元彼が元彼女との復縁を期待している場合

人の恋愛や失恋模様は様々で、同じ元彼、元カノと何度もくっついたり離れたりしているカップルもいます。お金を払って探偵会社に依頼までする人はそう多くはないかもしれませんが、ここでは元カレが元彼女との復縁を希望するケースについてお話します。

 

ふられてしまった元カレが復縁を望む場合は「やっぱり彼女のことを諦めきれず…」というケースがほとんどです。ドライで前向きな元カノは新しい彼が出来やすいのですが、それに比べ過去を引きずる傾向の強い元カレは、出会いの場を自ら求めることにも消極的ですぐに新しい彼女ができるというわけにも行きません。

 

また別れた際に元彼女が本当の理由を言わないことも多く、どうして別れることになったのかわからないまま、思いを引きずってしまうのです。隠された本当の理由として多いのが新しい元カレの存在で、探偵会社の調査によってこの新恋人の存在が明らかになった時点でヨリを戻すを諦めてしまう人も多くあります。それでも元彼女とやり直したいと言う場合は、新しい恋人と別れさせてからのヨリを戻すという、長い道のりになります。

 

また自分からふっておいたにも関わらず、復縁を希望する元カレもいます。元彼女との復縁を希望してくる元カレは「ふってしまったけど、完全に失うのはもったいない」「別れて一人になってから、彼女以上の元カノに会えなかった」「新しい彼女ができたけど、前の彼女の方がよかった」などと言います。元カノからすれば自分勝手に聞こえる言い分ですが、元カレには「一度付き合った元カノはキープしておきたい」という考えを持つ人が意外と多いのだそうです。

 

ふったにしてもふられたにしても「元」を引きずるのは元カレ側に多く見られるようです。しかし元彼女に執着するあまり、待ち伏せや尾行、頻繁な電話などを繰り返すと、ストーカー行為とみなされてしまいます。

 

元彼、元カノに警戒心を抱かせてしまっては、復縁はもはや不可能となります。

 

 

 

 

 

価値観の相違で別れたケース 復縁の可能性

離婚の理由としてよく聞くことのある「価値観の相違」という言葉。これは趣味が合わない、子育てに関する考え方の違い、将来に対するビジョンの違い、など具体的に挙げると様々で、どれかひとつに理由が定められないときに納得させやすい言い訳として使われます。

 

また、本当の別れの理由を隠すために「あなたとは価値観が合わなくて…」と切り出すこともあります。価値観の相違で別れたカップルがヨリを戻すするためには、どんな点において価値観が合わなかったのかを明確にしなくてはなりません。

 

例えば将来起業を目指して計画を立てていた元カレと、安定した生活を望む元カノが別れる原因となった「将来設計の食い違い」を見てみましょう。成功するかどうかもわからない起業を目指す元カレに将来的な不安を覚えて元カノから別れを切り出したとします。元カレはその後、努力の甲斐あって事業を立ち上げ、仕事も波に乗ってきたので彼女とのヨリを戻すを希望するようになります。

 

しかしここで元カノのプライドを無視して「自分が言った通り、事業は成功したから戻って来い」と自慢する態度をとってはいけません。「あなたのためにずっと頑張ってきたんだ」と彼女のために努力してきたことをアピールすると、彼女も悪い気はしなく、復縁の可能性も高くなります。この他、趣味や好みの相違が別れの原因となったケースでは、復縁を望む方がどこまで好きなことを我慢するかが重要になります。

 

内容によってはお互いが歩み寄ることもありますが、あくまで基本は復縁を望む方が折れることです。子育てに関する考え方が食い違っていた場合でも、社会的に正しいかどうかではなく、二人の間の問題として考えることが大切です。

 

自分が正しいと思っていることでも、復縁するために元彼、元カノを優先させ自分が折れなければならないこともあるでしょう。そこまでの覚悟がないと、復縁の話はまとまらないでしょう。